おすすめキャンペーンはこちら

「アフィリエイトの送客の質」まで考慮に入れると一流

どうも、あさえだです。

お久しぶりです。

 

先日、南青山で開かれたvipアフィリエイターパーティーに参加してきました。

 


アフィリエイト系のパーティーは久しぶりの参加。

 

トップ30の人が参加してたらしいんですが、

インフォトップの社員さんや、

超有名なSEOアフィリエイターさんもきてました。

 

 

全体的に思ったことは、

アフィリエイターの集まりに行くと年齢層が高い。

 

もちろん若いアフィリエイターがいないことはないんですよ。

昔活躍してた人たちでも20代とか大学生も多かったですからね。

 

じゃあなんで最近はアフィリエイターの集まりに行っても、

若い人に出会わないかなと考えたら、

若い時にアフィリエイトで稼ぎまくった人って、

別事業始めたりして”アフィリエイターでい続ける人”が少ないんですよね。

 

アフィリエイターって一人で集客、セールス、コンテンツ作り、っていう、

ビジネスのルーティーンを一人でやることになるので、

そのスキルがあると別事業でもスッと入っていけるんですね。

 

こんなに学びに使える業種も少ないですし、

ビジネスのいろんな情報が入ってくる業界他にないです。

 

逆に年齢高いアフィリエイターは

そのままアフィリエイト一本に集中してることが多い。

 

まあ若い時に何千万と稼ぐのと、

年取ってから何千万稼ぐのでは、

意味は違ってきますよね。

 

僕の読者は比較的若い人が多いんで、

そう言った意味では通過点としてアフィリエイトで突き抜ける!

くらいに考えてサクサク行動して欲しいなと。

 

 

 

そうそう、

自分のツイッターを見返していたら、

こんなつぶやきを見つけました。

 

 

これ書いてなかったんですが、

これ読みたいってメールもらってたので、

今更ながらこれ書きます。

 

 

まず、

「祈られてる人は治療が早く終わる」

の部分なんですが、

これは僕も本で読んだだけなので、

さらっと聞き流して欲しいんですが、

 

同じ病気、同じ病院、同じ治療をしても、

治る速さって人によって違うじゃないですか。

まあ当たり前ですけど。

 

これ体質もあると思うんですが、

本に寄るとアメリカの実験で、

「多くの人から治ってくれー!」

って祈られてる人は明らかに治るのが早くなって、

恨まれてる人は回復が低い、って実験結果があるらしいんです。

 

 

これだけ聞くと、

「え、あやしー!」

って思うかもしれないんですが、

 

僕もこれのビジネス版をよく耳にするんですよね。

 

 

優秀なマーケッターが、

悪いことして稼ぎまくってる人は、

その人が大きな病気になったり、

その人の家族が死んでしまったり、

という、悪いエネルギーを受けてるので身の回りのどこかにでる、

という話。

 

実際に、

今回の東京のアフィリエイターパーティーを主催してた人の、

元パートナーは自動でお金が入ってセミリタイアしたあとに、

自殺してしまったらしいです。

 

普通に考えると、

勝手にお金が入ってきて一生暮らせるんだから、

南の島であとは最高の人生を〜って思うんですけど、

人間は”自分が与えたと思ってる価値”の分しかお金を受け取れないらしいです。

 

それ以上受け取ると、

どこかにひずみが生まれる。

 

 

この話はマーケッター界では結構当たり前に話されることが多いんですが、

今回、祈られてる人が治療が早いっていう実験結果が出たというの聞いて、

あ、これ同じじゃないかなって感じました。

 

 

で、次の話題の

「メリー(懐かし)を擁護する声と叩かれた理由」

の話。

 

メリーていうキュレーションサイト覚えていますか?

株式会社ディー・エヌ・エーが謝罪会見を行ったやつです。

 

簡単に説明すると、

いろんなサイトからパクってリライトした記事をまとめて、

SEOを攻略してたサイトです。

 

SEO上位にきているサイトの全部の要素を含んだ記事を書いて、

自分の記事をあげるのを仕組みかしてたんですね。

 

めちゃめちゃ安い値段でライター雇って、

質も低いんですけどなぜかSEO上位に上がってくるというすごいサイト。

 

村田マリって人が作って35億円でサイトを売却したんですけど、

それが情報の正確性とか、著作権とかガンガン無視してたんで、

問題になって閉鎖しました。

 

 

中には、

「いやいや、メリーは価値を提供してたじゃないか。」

という人もいます。

 

実際に女子に人気で、

アプリも相当数ダウンロードされてましたからね。

 

「情報をまとめる」

って価値ありますからね。

 

もちろんそれはその通りなんですよ。

まとめサイトも付加価値を生み出してますよね。

 

 

でも、これずっと情報発信者から恨まれてたと思います。

 

僕たちのような独自コンテンツを発信している人たちからすると、

パクリコンテンツで自分のサイトより、なぜかまとめサイトが上に上がって、

自分の報酬にはならないって状況だと不満も出ますよね。

 

 

 

メリーを擁護する声って結構あったんですが、

それはお客さんのことしか考えてない視点なんですよ。

 

「いや、お客さんのことを考えてビジネス作るのが普通だろ?!」

って声も聞こえてきそうですが、お客さんだけが満足してもダメです。

 

周りにいるクリエイターから恨まれて、お客さんを満足させてるなら、

その組織はうまくいかない。

 

 

ホテルとかでもそうですよね。

部屋がめっちゃよくてお客さんからの満足度は最高に高い。

でも働いているスタッフがめちゃめちゃ不満に思ってる、

そんな組織は必ずどこかで歪みが生まれています。

 

また他のホテルからめっちゃ恨まれつつも、

一時的に利益を上げていくってことをしたら、

いつか大きなやばいことが起きます。

 

 

単純に

虎視眈々とみんながそれを待ち望んでるから、

ちょっとしたことで大騒ぎになるっていう理由もあるでしょう。

 

とにかく、どこかで生まれた負のエネルギーは、

消えて無くなることはないので、

どこかに表現されて行きます。

 

それが社員の自殺なのか、

社長の奥さんの大病なのかはわかんないけど、

どこかに出るものです。

 

人体と一緒ですね。

不必要なものはうんこにして出すか、

うんこにならなければ内臓に悪いものが溜まって、

病気として現れます。消えることはない。

 

それと一緒でメリーも、

毒を溜め込みながら利益を伸ばした結果が、

閉鎖というわけです。

 

 

近江商人の言葉に、

「三方よし」

という言葉があります。

 

「売り手良し」「買い手良し」「世間良し」の三つの「良し」。

売り手と買い手がともに満足して、

また社会貢献もできるのがよい商売であるという意味の言葉です。

 

 

今の場合はネットがあるので売り手よしに加えて

「クリエイター良し」も加えたいところ。

 

作り手と売り手が違いますからね。

 

 

最後に

「アフィリエイトの送客の質」

の話。

 

さっきの「三方よし」に繋がる話なんだけど、

アフィリエイトを始める時って

「お金稼ぎたいー!」

から始まる人が多いと思います。

 

 

アフィリエイトをすると関わる人は、

読者と広告主です。

 

 

最近のアフィリエイトノウハウみたいなのを見ると、

当たり前なんだけど報酬の伸ばし方の観点から

テクニック論が書かれてるものしか存在しません。

 

でも、

アフィリエイターっていうのは広告主とビジネスパートナーなので、

送客の”質”まで考える必要があるんですよね。

 

 

 

ただ、クリックさせて煽って煽って、

購入リンクを踏ませるのって、

広告主側からしたらキャンセルとか出たり大変だと思うんですよ。

 

「レビュー読んでたらテンション上がって、買っちゃった!」って層よりも、

「じっくり考えて自分に必要だから書いました」っていう良顧客を送客した方が嬉しいじゃないですか。

 

お客さんからもしてもそうですね。

テンション上げられてよくわかんないけど買っとけ!

で買った商品をあとあと後悔したりすることあるじゃないですか。

それで返品とかしたら、広告主もお客さんも微妙ですよね。

 

僕はいつも

「買う予定のなかった人に買ってもらうのが付加価値」

ということを言っています。

 

椅子取りゲームのSEOアフィリエイトは逆に全く考慮してないです。

 

コピーライティングを学んでいくと、

「このワード入れたらちょっと成約率上がるだろうな」

っていうのもわかってきます。

 

でもそれをあえて入れなかったりするんですよ。

三方よしじゃないから。

 

そういう2Dじゃなくて3Dな視点を持ちながら頑張って欲しいなと思います。

 

というわけで、

今日は

 

・祈られると治療が早い話

・メリー擁護論は3Dの視点が足りない

・送客の質まで考慮に入れると一流

 

という内容でした。

 

また見直しておいてください。

 

 

ではでは。

 

 

ps

今日はレベルの高いことを言いましたけど、

初心者の頃は貪欲に利益を追求して行きましょう。

 

このマインドを持ちながら、

「今は貪欲期だから早くそこに行こう」

と思ってることが大切です。

 

 

ではでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です