おすすめキャンペーンはこちら

成功する人はなぜ「やる気」を持ち続けられるのか?

どうも、あさえだです。

前回のメールでは、
「さっさと稼いでしまって次のステップに行こう」
という話をしました。

そのためにあなたと価値観共有をするためのメールを書きました。

 

復習

 

必要なものは実はシンプルであり、
LP二つとメール本文のみという話。

 

仕組みはとりあえず完成させたらよくて、
後から何回でも修正できます。

 

仕組みができてからは、ブログやSNSで好きなことを発信していけば、
それに共感してくれくる人が自然と増えて、お金にもなるという構図。

仕組みを作るのは難しく感じるけど、実は必要なものをリストアップして、

一つずつ作っていけば、すぐに完成させられる。

 

でも、なかなか行動できない人がいるのも当たり前で、
報酬がでなくて諦めてしまったり、

そもそも続けるための環境がない。

 

 

だから、
最短ルートを通りながらちょっとづつ稼ぎ、
それでいて後々振り向けば資産になっていたというのが、
鉄板の成功ルート。

 

 

という話をしました。

一番大切なのは楽しみながらやること。

 

 

発信することで全てが上手く回る

 

実は”自己発信をする”って本来、人間誰しもが、
「超楽しい!」って感じることです。

それがインスタなどが流行っている理由。

人間は自分の価値観を話したいし、共感してもらいたいって、もともと感じています。

 

だから聞き上手っていうのはモテるわけですよね。

 

本来は、
呼吸をするかのように「自己発信しないと死んでしまう」っていうスパイラルに入れるはずです、誰しもが。

でもそこに報酬がないと、続かないのも事実。

 

なので、僕が提案するのは、
初めは報酬が出やすい案件をガリガリやって、
楽しみながら発信をしてファンをつけようってこと。

 

このような成功までの道のりがつかめれば、
あとは具体的なことを詰めて行くだけです。

 

前回のメールにこんな返信をもらいました。

 

あさえださん、こんばんは。

 

岩上と申します。
メールいただき、ありがとうございます。

今回のメール、自分には何か気づきがあった気がします。

とりあえず作ってしまう。

作ってから修正すればいい。

今自分はYoutubeアドセンスで稼ぐコミュニティに入っておりますが、
最初はクオリティは気にせず動画をアップする、ということを教わりました。

 

クオリティを気にするとなかなか前に進まない。

 

0→1

 

の壁さえ突破してしまえば、そこから先に進むのは簡単。

あさえださんのメールを見て、共通性を見た気がしました。

どうも、ありがとうございました。

岩上さん、メールありがとうございます。

 

動画のアップも同じで、
最初の一本ほどクオリティを気にして、あれこれ考えて、
結局1年後も何もしてないってパターンは結構聞きます。

 

動画をアップするって、

「知らない人に見られたくない」
「こんな動画誰が見るんだろう」

と色々と考えてしまって、
ハードルが高いと感じがちです。

 

でもとりあえず動画収録ボタンを押して、
なんでもない日常動画やビジネス系の動画を上げたりしてから、
初めて「どんな動画がいいのかな?」って考えるステージに初めていけます。

 

相手のことを考えるのはあと。
自分が楽しむのが先です。

 

動きながら考えるのが成功するためのポイント

 

”走りながら考える”

 

これは全てのことに言える成功哲学。
パソコンの横にメモしておいてください。

 

情報発信をする段階でも、
「とにかく売れればいい」って考えるよりも、
とにかく発信自体を楽しんでいる、って気持ちでやった方がいい。

 

仏教の言葉には「知覚動考」という教えがあります。

 

これも、
「知って→覚えて→動いて→考える」
という順番が成功する人間という意味です。

 

同じ意味ですが、
古来から成功パターンは変化してないことが伺えます。

 

岩上さん返信ありがとうございました。
一緒にゴールまでジョギングしましょう。

 

 

次はシンプルなことの大切さについて

 

シンプルに落とし込める人から学ぼう

 

こんなメールをいただきました。

あさえださん

 

こんにちは、Twitterからメルマガ登録させていただいております。三枝と言います。

普段はメルマガを読むだけでしたが、

今回の内容のシンプルさがとても心地良かった(不似合いな評価ですが、そうとしか感じられなかった)ので感想を送らせていただきました。

 

 

特に

 

“仕組みっていうと、
「難しそう」と身構えてしまうかもしれないけど、これも単純で、仕組みに必要なのはメールと、LPが二つ。メールも7通文の文章。
そしてメルマガ登録ページと商品説明ページの二つ。”

 

この部分がわかりやすく、シンプルさが伝わってきました。

 

実際はこの10個の道具を作り込むのに相当な時間と頭の回転が必要なんでしょうけども……。

 

次のメルマガ、楽しみにお待ちしております。
乱文失礼しました。

三枝

 

三枝さん、ありがとうございます。

シンプルさに心地よさを感じたということですね。

 

人から情報を得るときに、

「お、そういうことか」って、

今まで複雑に見えていたものがシンプルになるときってあります。

 

それはほとんど伝える側の問題で、

この業界はいろんな複雑なことを言って、

その都度いろんな商品をセールスしている人が多いです。

でも実際には、ビジネスで稼ぐためのことなんてシンプルなことばかりです。

 

例えば、

実際にその道で成功している人って、

その位置から逆算してアドバイスすることができるので、

ゴールまでのルートが一本道に見えています。

 

あなたが1年後に大成功していたとして、

成功した自分がタイムマシンに乗って、

今の自分にアドバイスすることをイメージしてください。

 

わかりやすく説明できますよね。

 

「これは早めにした方がいいよ。」

「あ、それは無駄だからやらなくてもいいよ。」

「私は紆余曲折あったけど、あなたはいいわね、最短ルートで行けて羨ましいわ。」

 

って会話をするんじゃないでしょうか。

 

でも、逆にルートが見えてない人はからのアドバイスは、

「こうじゃないかな。いや、こういう理論もあるらしい。」
「それも必要っぽいね。わかんないけどやりましょう。」
「こんな事例が出ている、危険なのかもしれないね。」

みたいにシンプルに説明できない。

 

さっきのユーチューブの岩上さんの話でいうと、
動画をアップした今日のあなたは、昨日の自分にアドバイスできますよね。

 

”走りながら考えて、昨日の自分に教える”
これがデジタル教育の基本原則です。

 

シンプルですよね。

 

もちろん人生はお一人様、一回限りなので、いろんな経験を網羅するのは無理。

 

じゃあ、経験している分野しか教えることができないのかっていうと、
そうではなくて、

 

思考の抽象度が高くなってステージが上がると
「投資の情報発信も、ビジネスの情報発信もやり方は同じ。あ、恋愛も同じだな。」
とか、色々と繋がっていきます。

 

そうすると、
自分が経験してない分野でも、
成功している位置から逆算して一本道で説明できるようになります。

 

あとは、
「仮説を実験する」
という感覚でビジネスをするだけです。

 

 

この話で取り入れて欲しいことは、

 

1:シンプルに説明してくれる人から教えて貰うと圧倒的に成長するという事実と、

2:自分で考えるときも、一度未来になった程の自分になって、今の自分にアドバイスすると、すんなり選択できるってことです。

 

結局、色々と考えても実際にやることはシンプルなので、
シンプルに落とし込んでどんどん行動していきましょう。

 

 

三枝さん、メールありがとうございました。
一緒に仕組みを作っていきましょう。

 

次はこんなテーマ。

 

人がなかなか行動できない理由

 

まずは、返信メールを見てみましょう。

佐々木です。
いつもお世話になっております。

 

今回のメルマガを読んで
私含めて勉強はしてても実際に行動になかなか移せない人は今の生活を抜け出したいと言い、実際そう思ってても深層心理では今の生活から抜けることを拒んでいるために行動しようとすると手が止まったりしてしまうのかなと感じました。

 

私個人的にもIBAの動画を繰り返し視聴したり、あさえださんのメルマガやブログを見たり、書籍を読んだりしていて

 

「失敗してみないと成長出来ない」

と思いブログを開設して構想もある程度出来ているのですが、書こうとすると悩んでしまったり手が止まってしまいます。

 

ここ数日の悩みがてら、
今回のメルマガで感じた事を書いてみました。

佐々木さん、ありがとうございます。

 

深いこと言いますね。

「私含めて勉強はしてても実際に行動になかなか移せない人は
今の生活を抜け出したいと言い、実際そう思ってても
深層心理では今の生活から抜けることを拒んでいるために
行動しようとすると手が止まったりしてしまうのかなと感じました。」

 

人間は変化するのがもともと嫌いなので、
大きく人生を変えようとすると、

 

「変わりたい」 VS 「変わりたくない」

というバトルがおきます。

 

 

これは言い換えると、

「顕在意識」 VS 「潜在意識」

という構図になっています。

 

顕在意識っていうのは「人に説明できる意識のこと」です。

「俺は今、こう思っている!」っていうのは顕在意識。

 

逆に、
「こう思ってるのに、なんでできないんだ!」
っていうのは潜在意識が逆の意見を持ってるからです。

 

 

これを解決するのは簡単で、

”潜在意識を意識すること”で解決できます。

「あ、俺の潜在意識がこう思っているってことか」

っていう感じに。

 

こうやって意識できる範囲を広げていくことで、
自分のモチベーションをコントロールすることができます。

 

それと取るべき行動は情報のシャワーを浴びることです。

それと今まで取っていた情報を断捨離すること。

インプットをガラッと変えると潜在意識も時間差で変化します。

 

なので、

今日のメールは佐々木さんのためにあると行っても過言ではないですね。

 

ブログの構想も決まっているけど、書けないっていうのは、

まさにさっき書いたのと逆で、走る前に悩んでる状態です。

 

スマホの地図アプリを思い浮かべて欲しいんですけど、

あれって位置情報がリアルタイムで動くじゃないですか。

 

だから全然土地勘ない場所に行っても、ちょっと歩いてみたら、

「あ、現在地がこっちに動くってことは、方向はこっちだな」

みたいに、わかるって経験あるんじゃないでしょうか。

 

動けば動くほど、現在地がわかりますよね。

 

それと一緒です。
(伝わる?笑)

 

佐々木さん、メールありがとうございました。

”すでに報酬を得た自分”が今の自分にアドバイスするなら?

って考えてみてください。

 

 

未来の佐々木さんは

「サクッとやっちゃおうよ」

って言うと思います。

 

次はこんなテーマ。

 

僕の目指しているデジタル教育業界の未来

 

さて、それではまたメールをみていきましょう。

今、様々な企業で副業を解禁せざるを得ない
のは、時代の流れなんですね。

 

まあ、所詮、会社に勤めていても、
困った時は助けてくれないのは、
わかっているが。

 

いや~、公務員にも副業解禁ていうのは、
しりませんでした。

 

でも、本当にこの話はやばいですね。

 

これからは、自分でお金稼いで生活する
すべを、早めに身につけないと、
いきていけないんですね。

 

生きる術を身につける。

会社にも。国にも頼らず、早く
生きていけるようになりたい。

 

サロンの企画、楽しみにしてます。

かんの あきら

かんのさん、メールありがとうございます。

ちなみに副業解禁は、
神戸市と生駒市でスタートしてますが、
時間差で全国に波及するでしょう。

 

古い業界にはお金が集まらなくなっているので、
そういう企業は必然的に、

・全体の給料を下げる(同時に副業推奨)
・社員を解雇する

この二つしかありません。シンプルに。

 

配布できるお金の総量が決まっているので、

「単価を下げるか、量を減らすか」

しかないわけです。

 

逆にデジタル教育をはじめとした新しい業界には、

お金が流れてきます。

 

副業解禁になったら、副業スクールの業界のパイは大きくなるし、

メルカリなどの個人同士の取引所を運営している会社や、

これらの業界であるデジタルフィットネスなんかもお金が流れてきます。

 

お金はいろんなところを移動しているだけなので、

大きいところにお金が流れている時もあれば、

個人単位にお金が流れくる時もあります。

 

インターネットが出てきて、

個人のパワーっていうのは大企業と変わらないくらいになりました。

ユーチューバーは一人で、テレビ局の番組を持っているようなもの。

 

デジタル教育でいえば、

ライバルはベネッセとかリクルートもそうですが、

もっと大きな視点でみたらライバルは「大学」です。

 

僕は「今まで買った教材やコミニュティで一番高かったものは?」って聞かれたら、「大学」って答えてます。

 

400万円くらいの参加費だったので、

リターンはあったけど、費用対効果は少ないですね。

(まあ僕の取り組み方にも問題があったのでしょうけど笑)

 

これは当たり前のことで、今はもう、

「一つのルートを教えて、社会に通用する人を育てる」

のが難しい時代で、

 

教える側が

「正解って何だろう?」

って思っている状態です。

 

基本的に既存の教育は雇われるため・雇い主に気に入られるための工夫が多いので、そのノウハウが通用しなくなっている、って感じですね。

昔は教育によって均一化した人を育てることで、企業も助かった。

そう言う人材が欲しかったから。

 

その影響で「みんなと同じがいい」って感じる人は多いわけです。

 

でも、

今はそういう均一化された人が得しないっていうのが明確になってきた時代ですよね。

 

やっぱり自分が好きなこと、夢中になれることをやるべきだし、
個人で稼ぐ力を身につけて、その上で本当にやりたいことを選択するのがいいです。

 

そしてこれからの時代に個人がスタートできて、
大きく稼げるのはデジタル教育業界です。
打倒、大学。

 

ビルゲイツはパソコンを作って大富豪になったけど、
今、ビルゲイツさんが若者だったら、
デジタル教育を選択して富豪になっていくんじゃないかなと、
僕は思ったりしてます。

 

その時代によって、何を選ぶべきかは変わります。

 

かんのさん、メールありがとうございました。

 

「会社にも国にも頼らず、早く生きていけるようになりたい。」
ということで、そうしないといけない時は近づいているので、
ここで一気に頑張っていきましょう。

 

というわけで、メール紹介と返信でした。

 

 

新サロンの予定について

 

これ以外にも、サロンについての質問や、
すでに「参加させてください!」という意思表明メールを多数いただきました。

 

ただし、今回の企画に関しては、

誰でも参加できるってわけではなくて、

条件をつけようと思っています。

(前回のメールに返信くれた人は無条件でオッケーです)

 

なぜかというと、

参加者には結果を出して欲しいし、楽しんで欲しいので、

ポジティブに取り組める人に来てほしいからです。

 

それと、ノウハウを悪用しない人っていう条件も加えておきます。

 

「初めから悪用できるようなノウハウ教えなければいいじゃん」

って声も聞こえて来そうですが、

お伝えする流れを考えるとそういう話も出てくるので、

条件に入れておきます。

 

ビジネスの知識はゼロでも大丈夫です。

ゼロの人向けに作っていくので。

 

「なるべく楽しんで欲しい」っていうマインドでやって行くので
一応参加ハードルを設けました。

 

こういうのを書くだけで、

本当に楽しいコミュニティになりますからね。

(コピーの力です)

 

というわけで、

今回のメールは以上です。

 

 

また募集について決まったらお伝えします。

 

 

ではでは。

 

 

 

ps

【あなたに質問】

この中で
「これをもっと深掘りして欲しい!」
っていう情報があれば教えてください。

 

1:ライティング
2:企画の作り方
3:セールスの仕方
4:その他

他にも聞きたいことや感想などあれば、
お気軽メールください。
内容は自由にビジネス以外でも全然オッケーです。

 

それでは、メール待ってます!

では。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です