おすすめキャンペーンはこちら

ポケモンGO派生ビジネス論

どうも、あさえだです。

今日は前回の記事でも公言したポケモンGOで稼ぐ方法について書いていきます。

 

いまからもっと大きくなっていく市場なので、

いまからスタートするって、かなり有利です。

 

今では年収1億円とか稼ぐトップユーチューバーたちも、

YouTubeが流行る前に取り組んだことが成功の大きな要因です。

 

新しい大きなサービスがスタートする時は、

僕たちにとっても大きなビッグウェーブです。

乗りましょう。

 

 

それではポケモンgoで稼ぐ具体的な方法をシェアしていきます。

 

ポケモンGOで稼ぐ方法

その1:ポケモン育成代行

 

これが一番簡単です。

ポケモンGOのポケモンを孵化させるのは歩かないといけない。

なのでポケモンを育てるために代わりに歩く、というサービスです。

 

これは実際にすでにオークションなどで出品している人がいます。

ポケモン_pokemon_go_レベル上げ代行_-_ヤフオク_

 

ヤフオクで調べるとたくさん出てきたり、

街の便利屋さんがやってたりします。

 

集客もヤフオクがしてくれるので、誰でもいますぐ出来ます。

 

海外ではPokewalkというちゃんとした(?)孵化サービスが立ち上がっています。

 

2キロで1000円、

5キロで1500円、

10キロ2000円。

という価格らしいのですが、

10個まとめてやれば2キロで1万円ですね。

時給1万円と考えたら副業としては効率いいですね。

 

出品場所はヤフオク以外にも、

自分の時間売りますよーってアプリとかあるんで、

そこで出品するか、

集客できればツイッターだけでもできますね。

 

散歩が趣味な人や、

マラソンが趣味、

陸上部の高校生、なんかはいいかも。

 

もっとビジネス的に広げるなら、

・健康的に歩いた方がよろしいお年寄りと、

・時間のないポケモンgoユーザー

を繋げるサービスもあり。

 

お年寄りにポケモンgoを孵化してもらうことで、

世代間交流が活発になるという副産物も生まれ、

健康とお金、コミュニケーションも生まれる。

世の中的に素晴らしいサービスになりうる。

 

ポケモンgoで稼ぐチャンスはある?

「個人でちょっと稼ぎたい。」

という場合はそこまで考えなくていいけど、

ビジネス視点で世の中見ると本当に面白いしクリアに見えてきます。

 

誰かと誰かを繋げるという

”ビジネスを作るための考え方”

を知っているだけでも全然違いますよね。

次、同じような場面が来ても、

「この人の悩みは、この人が解決できるよなあ」

とか色々出てきます。

 

本当にこれだけでビジネスはいくらでも誕生します。

これの繰り返し。

 

ちょっと、大きい話になったので、

個人の話に戻しましょう。
・時給を倍にする工夫

 

個人の時給を上げるという視点に立つとさらに応用が可能です。

 

例えば、あなたがポケモンGO代行をやるならば、

1〜2時間くらい歩かないといけません。

 

じゃあ、どうせ歩き回るなら

「犬の散歩の代行サービス」も一緒にやってもいい。

 

同じ時間で、”ついでに”できるから。

一石二鳥ですね。

 

この考え方があるかないかで、

時給が倍変わります。

 

 

”組み合わせる、繋げる”

これがビジネス誕生のキーポイントです。

 

時給10万円の人と、時給1000円の人の差はこんなちょっとした思考の違いです。

 

それでは次のビジネスモデルも見ていきましょう。

 

その2:お店の集客代行をする

 

これからポケモンGOを使って、集客しようとする店舗が増えてきます。

 

例えば、

マクドナルドは提携してポケストップになっているので、

ポケモンGOユーザーが勝手に来てくれるので、お店の売り上げが伸びますよね。

 

これと同じで店舗向けに、

お金を払うとお店にレアポケモンを置いてくれるというサービスがあります。

 

これによって、お店はたくさんの人が集客できます。

 

しかし、実際には新しいサービスが始まっても、

多くの店舗は使いこなすことができません。

 

 

小規模なお店の経営者は営業に精一杯だし、

そもそもビジネスとかよくわかってない人も多い。

 

特に「インターネット集客なんて全然わからない。」という人がほとんどなので、

それを代行してあげて、お金をもらいましょうということです。

 

いわゆる集客コンサルタント。

ポケモンGO集客コンサルタントなんて目新しいし、ライバルも少ないのですぐに稼げます。

ホリエモンの話

そうそう、

これに似た現象が2000年あたりにもありました。

それがインターネット普及後のホームページ作成代行。

 

インターネット普及後はどの企業も

「よくわからないけど、サイトを作って置いておけば集客になるみたい」

という状態だったので、多くの企業が簡単なホームページを作ってくれる会社に依頼して、作ってもらっていました。

1サイト数百万円くらいで。

 

そのホームページ作成代行で成功したのが、

あのホリエモンです。

ホームページ作成代行だけで上場してます。

 

タイミングがものすごくよかったんですね。

 

 

 

「環境の変化 = 一つの業界が生まれ、そこにお金が集まる」

という法則があります。

 

変化はチャンスです。

 

 

 

具体的なポケモンGO店舗集客方法

 

店舗コンサルなんて難しそう、という方向けに

ざっくりその手法をシェアしておきますね。

 

まず、お店に専用のiPhoneとアカウントを用意してもらいます。

30分だけモンスターを出現させることができる「ルアーモジュール」を購入。

ポケモンが出てくるので、ポケモンGOをプレイしている画像をハッシュタグつきでつぶやいてもらうとコーヒー1杯無料にする。

「あそこはポケモンいるぜ」と広まる。

集客に。

 

 

これにプラスして、

僕の読者ならツイッターアフィリエイトをやっている人も多いと思います。

 

そんな人はすでに媒体があるので、

「自分の媒体も使って告知してあげる」というオプションもつけれます。

 

それによって上がった売り上げの数パーセントを店舗からもらう。

 

 

これくらいなら副業レベルでできるビジネスではないでしょうか。

 

さて、次はコンテンツビジネスの話。

 

その3:攻略本を作る(見られる人になる)

 

ゲームが出れば、

必ず関連ビジネスとして攻略系ビジネスが生まれます。

 

今の時代なら本よりも、

動画とかコミュニティ作るとかの方が良い。

 

しかし有料で参加してもらうくらいのブランディングが必要になるので、

ハードルは高いです。

 

攻略本作るより、

パズドラのマックス村井みたいに、

プレーしている自分を前面出してアクセスを大量に集める系、

すなわちユーチューバー的な感じになるのもいいでしょう。

 

そのあと、コミュニティを作る。の順番。

 

その4:イベントを開く

 

ポケモンGO関連のイベントもありですね。

これはSNSのオフ会の主催と変わりないように思われますが、

 

ポケモンGOはみんなで動き回るので、

お店側と提携していたら、

そっちからもお金をもらえます。

 

バスツアーのバスが強制的に決まったお土産屋さんに寄るのと同じ原理ですね。

 

その時間にルアーモジュールでポケモンを出しておいて貰えば、自然に連れて行けます。

 

店舗集客のコンサルとイベントツアーはシナジー効果を生みます。

 

じゃあ次はアフィリエイトに応用した話。

 

その5:ポケモンGOまとめサイト

 

お待たせしました。

アフィリエイトを学んでいる人が真っ先に思いつくのが、

ポケモンGOのまとめサイトを作ってアクセスを集める。

そしてポケモンGO関連のアフィリエイトをする、というとこでしょう。

 

いたってシンプルです。

 

これはポケモンGOでも他の流行り物でも原理は同じです。

みんなが調べるから、それに特化したサイトを作る、それだけです。

 

 

 

で、ここからが重要なんですけど、

ポケモンGOが組み合わさるアフィリエイトでおさえておきたいのは、

ポケモンGOは”場所がリンクしている”という点。

 

なので、動画タイトルとかも

「〇〇(地名)+ ピカチューがいた!」

みたいに地名を入れ込んだ方が需要がありますし、拡散されます。
それと世界中で流行っているので、

英語訳もあった方が効果的です。

グーグル翻訳にぶち込んでそのまま掲載してもいいと思います。

 

ポケモンGOの動画は世界が相手というのを意識しましょう。

人種関係ないコミュニティが生まれているのがポケモンGO。

 

 

人がいれば必ず稼げる

 

ポケモンGOに限らずビジネス全般の話として、

「人がいれば必ずお金は稼げる」というマインドを持ってください。

 

例えば、海外のデモ活動をイメージしてください。

デモビジネス

こんな感じで人がたくさん集まります。

 

聞いた話によるとアジアとかだと、

デモ行進がある日は、その周辺に出店が出るらしいです。

日本じゃ考えられないけど。

 

お祭りと同じで、

人が集まる行事は全てビジネスチャンス。

 

こう考えると、

ポケモンGOでは人が集まる場所は決まっています。
大阪で言えば、扇町公園にはピカチューが出るので、

人がたくさん徘徊しているようです。

 

じゃあ、そこに行ってドリンクとか売ればいいのかな、とか。

そんな風に人を軸にして、考えてみる。

お金は人からしか生まれません。

 

これはネット上でも、

多くの人がアクセスする場所に自分のサイトを持って行って、

彼らが欲しがるものを目の前に出す、それだけです。

 

リアルとネットの境界線っていうのはもうないんで、

同じと捉えるべき。

その感覚になればいくらでも稼げます。

 

 

と、いうわけで今回は

ポケモン GOから考えられるビジネスからお金を生み出す原理原則を語りました。

 

またポケモンGOについては、

詳しくやっていきます。

 

 

それでは今日は以上です。

 

 

 

ではでは。

 

ps

 

そういえば、

最近僕のコンテンツをコピペして使っている人がいるという報告メールを、

複数人からもらったのですが、

 

同じ場所から集客して、

同じような発信して、

同じようなセールスする。

 

そんなパイの奪い合いみたいなことしてたら面白くないし、

後発組は勝てません。

 

人それぞれ目指す場所は違うと思いますが、

ちゃんとビジネスを学んで、

本腰入れてやってほしいなと思います。

 

・文章書けないんだったらコピーライティング学べばいいし、

・集客できないんだったらツイッター学べばいいし(早いから)

・仕組み全体を知りたいんだったら網羅された教材で学べばいいし、

 

それぞれの壁に学ぶべきものってあるんですよ。

 

楽に超えようと思ってズルしたら、

ずっとそれやり続けないといけないんですよ。

 

でも、

一回でも自力で乗り越えた壁は、

もう二度と現れないんです。

 

もう壁と感じなくなる。

 

そっちの方がいいと思うんですけどねえ。

人生レベルで。

 

まあこの話題はもう終わります。

 

ps2

インフォトップランキングで4位まできました。

インフォトップ:学ぶ・稼ぐ・アフィリエイト総合ASPサイト

これからも、少し人とは違う路線で、

上を目指していこうと思います。

 

ではでは。