おすすめキャンペーンはこちら

ここ最近の悩み。

ここ最近の悩み。

 

さっき過去の自分の記事をみて、愕然とした。

過去の自分の記事からは明らかな熱量を感じたから。

そして今の僕の記事は熱量がない。

過去に否定していたSEOを意識し出してて、

「クッソつまらんやんけ!」

と思った訳。

章立てて、それに文章を埋めていく、そりゃおもんない。

そこには「こう書いたら上位表示されるかな」「こう書いたらアクセス集まって、儲かるかな」という気持ちが入る。それが見えたら面白くない。

こうやって文章を書いて誰かに届ける。その意味って「伝える」ではない。

知らない人に今の自分の世界観とか気持ちをぶつける、そうやってきた。

正直、SEOで上位表示されたら儲かる。長期的に儲かる。そりゃ優良なコンテンツでワードもしっかりして、グーグルの傾向を攻略してしまえば儲かる、メディア業界はそんなもの。

でもその前に、なんで書くのかってところ。

この質問に「儲けるため」っていうのが一番最初にきたらもう、見失ってる。

カフェのオーナーになんでカフェやってるの?「金稼ぐため」って言われたら、そのカフェ流行らんよね。いや、それもあるけど、その前に「こうなって欲しい」「ああなって欲しい」っていうことがあって、その結果、対価としてお金を稼ぐ訳で。一番初めてにお金がくるのは意味わからん。どの仕事でもそうだ。

ここ最近の僕はテクニックに走ろうとしてた。それは別にアフィリエイト業界の多くの人がやってることかもしれない。みんなSEOを意識して優良なコンテンツを上位表示させようと努力している。僕もその流れにすこし流された。いや、SEOで稼ぐアフィリエイターはそれはそれですごいよ。でも情報を発信する意味ってなに?って考えたときにどういう想いを持ってその人たちが書いてるのかが大事。

恋愛ノウハウサイトを作るにしても、何も興味ないライターがこう書いたら報酬もらえるから、っていう感じで書いたのと、「自分もこれに悩んでいたから、自分と同じような人に見てもらいたい、悩んでる人を助けになりたい」って思って書いたのでは違う。

いや、もしかしたらスキルの問題で、お金儲けのために書いた記事の方が読まれるかもしれない。そこに葛藤が生まれる。

でも集客のために想いを捨てる必要はない。

自分が本当にぶつけたいことを書いていくことで、結果的にSEOからも集客するのが本来のあり方。カフェオーナーが一番にお客さんのことを考えるのと全く同じことだ。そしてそれは可能だし、僕はずっとそうやってきて、今年の1月は月利500万円を超えた。

正直、過去の記事を消したい。でも消さない。自分の成長のきっかけとなった記事だから。

まあでも、びっくりしたよ、記事の薄さに。「この記事のせいで、ブログとかメルマガとか全体の価値が下がるな」とおもった。でも、いい。そういう過程を残せるのがブログだから。

過去に書いて消してしまった記事も何個かある。それはサービス終了したやつとか、短い記事。でも今となったらそういうのも残しておいて置けばよかったなって思う。

ここまで書いてきてなんだけど、ぶれる訳じゃないけど、僕の手法はトレンド記事からきてる。トレンド記事っていうのは流行りのことを記事に書いて短期SEOでアクセス増やすやり方。僕はこの手法を派生させて展開してきた。自分の発信したいことと、短期SEOが完全に一致してた。でもだんだん小手先の知識が増えて、変わっていった。でも僕が原点に戻ることはない。知識は消えない。だから、新しい道を模索していこうと思う。

今までやってきた手法は初心者がやるのであれば、確実に稼げる。生計を立てるまではこの手法でやればいいんじゃないかと思う。全部公開するし、昔の僕みたいな人には学んでほしい。そして一緒に新しい道を模索して、それもシェアしていって、成長していきたい。僕はまだまだ発展途上だ。というか、知識面で言えば知らないことだらけだ。でも、想いやこの哲学を広めたいし、共感できる人には届けたい。何より、過去の自分のように模索している人たちに、何かの助けになるようなことがしたい。

この記事だって、本当は弱い部分を見せる訳だから公開しなくたっていい訳で。

でもこの記事を残しておくことで、僕がここから成長していく過程を見せることができて、また将来僕と同じような壁にぶち当たった人の役に立つ訳だから、書いておかないと。こうやって苦悩する人は、これから何人もいるだろう。

僕はネットビジネス業界の中で大御所でもなんでもない。でもリアルタイムでこうやって発信して、伸びていくという意味では、これから頑張るっていう人に近い存在だし、背中を見せれるんじゃないかなと。みんなそれぞれの段階に苦悩があると思うけど、それをもネタにできるアフィリエイトって本当に楽しいよね。

終わり。