おすすめキャンペーンはこちら

ネットビジネスで成功してきた人たちの特徴から見る未来のネットビジネス業界

どうも、あさえだです。

最近明治維新にハマっていて、

坂本龍馬の話にたびたび出てくる、

場所を見にいってきました。

 

寺田屋とか。

京都はブラブラするだけでも歴史を肌で感じれるので、

定期的に訪れたい場所No.1。

士気も上がります。

 

アフィリエイトで稼げる人の特徴

 

そおそお、

前回のメルマガで話した、

「アフィリエイト業界を変える人とは誰なのか?」

という質問。

こういう質問を投げかけられた時、

漠然と「どんな人だろー?」って考えても答えは出ません。

 

自分で答えやすい質問に変換していきましょう。

「アフィリエイト業界を変えていく人とはどんな人なのか?」

「アフィリエイト業界でめっちゃ稼げる人とはどんな人なのか?」

 

それは、

「過去にアフィリエイト業界を変えた人って誰だったっけ?それってどんな人だったっけ?」

という質問に置き換えられます。

 

手探りな思考はやめて、

自分が答えられるところから展開していきましょう。

ライディングとか、ビジネス、生活全般に必須の思考法です。

(この辺の普遍的な思考はセミナーとかで話したい。)

 

まあ、過去に

アフィリエイト業界をめっちゃ変えて、

めっちゃ稼いだ人って誰?

と聞かれたら、

圧倒的に与沢翼なわけですよ。

賛否両論の”秒速で億稼ぐ”彼。

 

与沢翼_

 

そして、ホームレス写真を載せてみたりする彼。笑

 

 

与沢翼がネットビジネス業界に残した功績

 

彼がアフィリエイト業界の収入の桁をあげたし、

知名度もあげたという実績は事実です。

 

「じゃあ、与沢翼ってどんな人だっけ?」

というところから派生して考えていくと、

 

与沢さんは、

「プロダクトローンチを派手にやった人」

「プロダクトローンチを流行らせた人」

です。

 

元々アメリカで生まれたマーケティング手法なので、

もっと前にやってた日本人もいるかもしれないけど、

プロダクトローンチをみんなに流行らせたのは彼です。

 

そして、

月収1億円を突破した人。

それをみんなにどやっ!って公表した人。

 

人間って不思議なもので、

誰かが一度突破した壁は、

「あ〜アフィリエイトで一億円っていけるんや。」と感じて、

壁じゃなくなったりします。

 

実際に与沢翼が現れてから、

ポンポン大金を稼ぐ人が出てきましたからね。

”業界みんなのマインドブロックを外した”、と言ってもいいでしょう。

 

 

彼のブランディングや、

情弱を集めて煽るセールス手法などは、

賛否両論あるけども、

ビジネスとして結果を出してるので、

素直に学べることはたくさんあります。

 

 

”フリーエージェント”を提案した人は誰?

 

前回のメールで、

大衆を扇動する人はいつも変わってなくて、

その共通点は「理想の未来」を語る人

ということを言いました。

 

 

与沢翼の場合は、

“フリーエージェント”という生き方を提唱しました。
これからの時代、組織にいるのはリスクだと。

「フリーエージェントを増やして日本を元気にしたいんや!」

それが彼が提唱した理想の未来。

 

 

でも、実は、

フリーエージェントという生き方は、

20年前からアメリカで存在した概念です。
最初に提案したのは、

ダニエルピンクさんという、

ホワイトハウスとかで働いたあと、フリーエージェントになったひと。

 

[aside type=”normal”]

ダニエルプロフィール

ダニエル・ピンク(英: Daniel H. Pink、1964年)は、アメリカ合衆国の作家で、

ビル・クリントン政権下のロバート・ライシュの補佐官を経て、

1995年から1997年までアル・ゴア副大統領の首席スピーチライターを務めた。

その後、フリーエージェントを宣言して、

ニューヨーク・タイムズやワシントン・ポストなどの記事や論文を執筆している。
[/aside]

 

 

「やる気に関する驚きの科学」

 

youtubeに世界一大きなプレゼン大会「TED」の動画観れたんで載せときます。

ダニエルピンクさんの話は面白いので、ぜひ。

ちなみにフリーエージェントというのは、

僕たちみたいな組織に属さず自由にやりたいときに仕事するライフスタイルの人のこと。

実は、20年以上前から実は存在してた概念なんです。

(なぜか日本ではあんまり浸透しないですね。)

 

 

与沢翼はこの概念を、20年経ってから、

日本で叫んだだけなのです。

 

 

お金を生み出す法則を導いてみた。

 

プロダクトローンチも、

フリーエージェントも、

元々あったもの。

それをまだなかった場所に持ってきた。

 

 

これを聞いて、

「なーんだ、それだけのことか。あさえださん、結局与沢さんはパクって叫んだだけの人なんですね。」

なんて、思ってたら一生稼げないですよ。

法則を見つけなきゃ。

 

どこかにあるモノ(考え方)を、まだない場所に持ってくだけで革命家。

という法則。

 

「そのコミュニティーで、1番に!」というのがポイントです。

 

例えば、アフィリエイト業界では当たり前の考え方を、

他の業界に持ってくと革命家になれるように、

”業界”という単位で見ても同じ。

 

アメリカと日本という、

”国”という単位でみても。

 

都会で流行った遊びを田舎に持ってくだけで、人気者になるという、

”地域”というくくりで見ても。

 

 

どんなに小さな単位でもいいから、

ないところにないものを持ってくる。

これだけ。

 

 

 

 

例えば、

最近、不動産投資の情報商材を探してたのですが、

参考になるよな中立的なブログがない。

 

アフィリエイターを育てる系の情報商材のブログはめちゃくちゃあるし、

レベルも高いです。

参考になるものも多い。

 

だからこそ、僕もここまでこれたというのもあります。

何を学ぶにしても信頼できるアフィリエイター(仲介者)がいると楽なんですよね。

自分でゼロから学ぶてなったら、労力やばすぎ。

だから、不動産投資にも、

アフィリエイターがブログがあってもいいんですけど、現状まともなものはなし。

 

 

なので、ルレアとか新世界アフィリエイトの手法を使って、

不動産投資を学びたい人向けのブログやメルマガで発信すれば、余裕で稼げます。

 

SEOなんて考えなくても余裕過ぎます。

いまだにブルーオーシャン。

 

・・・というように、

アフィリエイト業界の中でも、

ビジネス系から不動産投資系にやり方を持っていくだけで稼げます。

”種類”という枠で移動させるだけ。

 

こんな近くに移動させるだけでも大丈夫。

 

 

ビジネス脳の作り方

 

 

だから流行ってるものを見たら、

「お!これ、別のとこで活かすとしたらどうかな?」

とか、せっかくアフィリエイトを学んでいるわけですから、

「このお店に、アフィリエイトのノウハウを応用するとどうなるかな?」

みたいに、”移動させる”ことを考えていくと、”ビジネス脳”がつくられていきます。

 

 

アフィリエイト業界で稼げる人とは、

特別なスキルや能力がある人ではありません。

 

理想の未来を語れる、それだけです。

 

過去に稼いだ人を見ても、

まれに天才的な人もいましたが、

どっかで言われているようなことを、

新しいところに持ってきた人が稼いでます。

 

 

違う言い方すると、

元々あったもの自分の言葉に言い換えてるだけ。

 

理想の未来を語ることができれば、

あとはそこにいくためのノウハウを売ればいいだけです。

 

 

世の中の人は、ほとんどビジネス初心者です。

だからノウハウを売る側からすると、「すぐに稼げる!」とか「なんとかノウハウ!」

みたいな楽で分かりやすい手法を作ってセールスするんですが、

結局、稼いでる人はみんな理想の未来を語ってる人です。

 

この根本的なことを理解しないといつまでも初心者のままです。

根本的なビジネス脳があって初めてノウハウというは生きてくるものなのです。

 

 

過去を知ることで未来が見える

 

最近僕は龍馬にはまってますが、

歴史を学ぶことで”今”を理解できます。

”今”がどんな時代か理解できて初めて”未来”が見えてきます。

 

僕がアフィリエイトに取り組み出したのも、確信があったからです。

「アフィリエイトはまだまだ大きな市場になる。今のうちに始めておくべきだ。」と

 

 

そして、いまならyoutubeをはじめとする動画。

youtubeを勉強するべきだと確信しています。

 

この判断も、過去を知ることではっきりと動画が中心になっていくのがわかります。

 

いま取り組むなら何からスタートするべきなのか?

に迷ったら、なるべく先をいっている人に聞いてみてください。

 

稼いでる人には天才派と理論派がいます。

大抵は学んで学んでそこに行き着いたはずで、

稼いでいるのには理由があります。

 

自分の力では稼げないと思うのであれば、

稼げない理由をなくしていきましょう。

サポートしてもらいましょう。

かなり早く稼げるようになるはずです。

 

 

それでは今日は以上です。

 

 

 

 

ではでは!