おすすめキャンペーンはこちら

看護師が患者に運動させるのとアフィリエイターがモノを売るのは同じです。

看護師_-_Google_検索

どうも、専業アフィリエイターSです。

今日は大阪のシェアオフィスに看護学生の友達が遊びにきてくれました。

 

 

マーケッターの視点から看護実習のレポートをみてあげようと思ったのですが、

アカデミックな文章にコピーライティングは意味ないですね笑

 

最後の”まとめ”くらいに人を動かす文章力の片鱗を見せれるくらいでしょうか笑

 

で、

彼女はいま実習中でいろんな話を聞かせてくれました。

 

 

・わがままな患者の食生活を変える話であるとか、

・患者のタバコをやめさせる方法とか、

・運動をいままでしてこなかった人にさせる方法、

などなど。

 

全部の話がアフィリエイトに応用できるなあと感じました。

だってこれ、すべて”人を動かす”話ですからね。

 

 

・人が行動するまでに通るステージ

 

彼女に教えて貰ったのですが、

人間の行動が変化するには一定の法則というか順番があります。

 

それは、

無関心期

関心期

準備期

実行期

維持期

 

の5つのステージ。

 

 

人間がモノを買う時も、全く同じですね。

それぞれのステージにおいてやるべきことは変わってきます。

 

 

運動不足な人に運動させるのを例にするとこんな感じ↓

 

1:運動とかどーでもいい、無関心な人には。

 

・意識させて、感情を攻めて、環境から攻める

どういうことかというと、

運動のメリットを知らせて、

このままでは「やばい!」と思わせ、

周りに迷惑掛けるよ!と意識させるのがこのステージ。

 

 

2:関心がある人にはこんな感じ↓

 

・自分に対するイメージを考えてもらう

運動不足の自分をネガティブに思わせ、

運動している自分をポジティブにイメージさせる。

 

 

3:準備期の人へはこんな感じ↓

 

・自分を解放してもらう

運動できる!という自信を持たせ、(自己効力感)

運動を始めることを周りに宣言させる。

 

 

4:実行期と維持期の人にはこんな感じ↓

 

・行動置換

不健康な行動を健康的な行動に置き換えさせること。

例えば、ストレスに対してお酒の代わりに運動させるなど。

 

・援助関係

運動を続ける上で、周りからのサポートを活用する。

周りの人間に助けてもらうと長く続けれますよね。

 

・教科マネジメント

運動を続けていることに対して「褒美」を与える

 

・刺激の統制

運動し易い環境づくりをする

(アフィリエイトならコミュニティに入るなど)

 

 

こんな感じです。

これはすべてに当てはまるので、

 

もしあなたがなかなか行動できないと思ったら、

自分がどのステージにいて、

どうしたらいいのか分かるし、

 

人を動かしたいけど動かないときも、

相手がどの段階なのか理解することでスムーズに進むでしょう。

 

 

そして、この中でもっとも大切なのは、

「これくらいなら自分にも出来るかも?」

と思わせること。

 

自己効力感というものです。

 

 

 

・アフィリエイトへの応用。

 

例えばアフィリエイト業界にはいろんな講座や教材がありますが、

いきなり教材を渡されて「はい、あとは頑張ってねー。」では、

できないし、続かないのです。

 

膨大な2000ページのPDFを渡されても、

気が遠くなるだけで、

普通の人は「自分には無理だ・・・」と感じて放り投げてしまうのです。

 

だから少しずつ、

「これくらいなら出来るかな?」を積み重ねていく。

小さな出来た!が振り返れば月100万円稼ぐ仕組みになっていたりするのです。

 

 

無料ブログを開設する、でもいいし、

ひと記事更新する、でもいいし。

 

 

教える立場の人は、

相手の自己効力感を満たして上げることを意識してみて下さい。

 

「これやって、こうやればいいよ!」

と言っても、

「なかなか行動しないんだよなあいつ〜」

と相手のせいにするのではなく、

「自己効力感を満たせてなかったかな?」と反省してみてください。

 

 

”君なら出来る!”と思わせるのも情報商材アフィリエイターの仕事なのです。

 

 

 

 

僕はいつも、

投資意識と行動意識の重要性について説いてますが、

 

このブログを見に来ている時点で関心はあるので、

僕が出来ることは、

関心期から準備期、実行期に連れて行くことです。

 

 

たびたび、

メルマガなどで僕が「返信して下さいねー」と言っているのは、

誰かに宣言(アウトプット)してもらいたいからです。

 

知識として自己効力感とか考えてたわけではないですが、

自分の体感的にアウトプットする効果を知っていたから。

 

 

アフィリエイトは情報商材に限らず、

”やる気にさせる”ことが肝です。

 

「じゃあ、どうやってやる気にさせる?」

という話が今回の看護師と患者の話とぴったりだったので紹介しました。

 

 

アフィリエイターが読者を新しい世界へ導くのも、

看護師が患者の行動を変えさせるのも、

全く同じなのです。

 

こんな感じでいろんな世界の手法を

繋げて、応用できると日常生活全てが勉強になります。

 

 

いつでもアンテナを貼って、

「これって、もしかしてアフィリエイトに応用できる?」と考えてみて下さい。

 

世の中のモノは抽象度を上げると、

全てどこかしらで繋がります。

 

 

というわけで、

今日は看護士の世界とアフィリエイターの世界を繋げて見ました。

 

ではでは!